快感フレーズ

【快感フレーズ 1巻】ネタバレと感想 人気アイドルが帝と似てる件

 

 

快感フレーズ』は1997年から2000年に少女コミックで連載されていた新條まゆ原作のマンガです。

 

古いマンガですが、現在では「まゆたん」の愛称でネット民から親しまれている新條まゆさんの代表作としてよく話題にのぼる作品のひとつでもあります。

突っ込みどころ満載のマンガなので、楽しみながらネタバレ感想を読んでいってもらえれば幸いです♪

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

主人公 愛音(あいね)

主人公 愛音 17歳 は、国語が得意な女子高生。(上記表紙画像の右側が愛音)

 

作詞オーディションに出すための歌詞の題名は『堕天使の呪縛
なかなか中二病っぽいネーミング(笑)

作詞を提出するために道を歩いていたら、アクシデントにより歌詞を書いた紙が道端に!

「あんなもの人に見られでもしたら恥ずかしいっっ」

と愛音は紙を取りに道に飛び出しました。

 

いや、作詞したのあなたでしょ?w それをあんなもの呼ばわりとは!

君を繋ぐ鎖になる 俺はもう醜悪な堕天使」…こんな歌詞。。。そりゃ恥ずかしーわっ!

 

で、飛び出した先で愛音は車に轢かれそうになり

 

 

 

咲也 登場

俺はまだ 人殺しにはなりたくないぜ

と、人身事故未遂した割にはとんでもないキザなセリフを吐きながら登場したのは謎のヒョウ柄コートの男。

初登場時は17歳とWikiにも書いてあるのに、なぜか車を運転している謎の男。

 

実はこの男は大人気バンド「ルシファ―」のボーカル、大河内咲也だった。

 

法律をも無視して17歳で運転をし、「人殺しにはなりたくないぜ」とほざく人気バンドのボーカル。。これは名作の予感でしかない(笑)

 

咲也登場時、何か既視感があったんです。
それが「かぐやひめの物語」に出てくるあの有名な帝。

 

左が咲也で、右が帝。完全一致w あごなっがー

 

咲也はびっくりして座り込んだ愛音に「けがはないか?」と心配するそぶりを見せどこが痛いのか探るように愛音の太ももなどを弄る。

 

頭おかしいだろ、お前(笑)

 

未遂とはいえ人身事故まがいのことを起こしておきながら、まさかのセクハラ行動。

人気バンドボーカルは治外法権なのかと錯覚する展開(笑)

 

俺 ちょっと忙しくて 病院つれていけない」と外国人を彷彿とさせる片言の言葉と、「ルシファー」の東京ドーム公演のスタッフパスを愛音に渡し、その場を去る咲也氏。

 

だが彼は去り際、愛音の作詞の紙を道端で見つけ胸ポケットにサッと忍ばせ去っていきました。

はい、これ窃盗じゃない?(笑)

 

≫快感フレーズを『まんが王国』で無料試し読み

 

 

 

 

愛音、ルシファーのコンサート会場へ

ルシファーのコンサート会場にやってきた愛音。

ボーカルのHな歌詞とやらに体が熱くなり気が変になりそうになった彼女は会場を出ようとします。

その時に最後の曲『堕天使の呪縛』が流れ始め、「これ…あたしの詩!!」と驚愕。

 

咲也氏、ついには盗作の容疑まで(笑)

 

これまだ1巻の1話なのに「無免許(とは書かれてないけど17歳だし)」「人身事故」「窃盗」「盗作」と法に触れることを繰り返す咲也。芸能界怖い世界だわ…

 

咲也は愛音を楽屋へ連れて行き、「ルシファーの作詞家としてお前を買い占めたい」と告げます。

『堕天使の呪縛』そんなに良い詩だったっけか?

 

まぁ、結局マネージャーに諭され愛音は答えを告げずに帰っちゃうのですが、コンサート会場のCD販売箇所にファンが「あの曲はなんだ!」と殺到しているとの情報が。

 

そこで咲也は一言

快感フレーズ 1巻より

 

えっ!?意味不w そして盗作なのに謎のドヤ顔(笑)

 

咲也、良いキャラしてますな。今後どう動いてどんな迷言を残してくれるのか期待が膨らみますね!

 

 

 

そして また罪を重ねる咲也氏

学校帰り、トボトボ歩いていた愛音は突然現れた男に口を塞がれ、車へと放り込まれます。

大変!拉致です!!ガチな犯罪来た。

 

が、車の中には咲也が…しかも

俺から逃げた罪は重いぜ 愛音」とドヤ顔でこっちを見てる(笑)

もうなんなんだよ、お前w

 

Hな詩の作詞家になれと迫る咲也に「ムリですっ!絶対書けません」と困惑する愛音。

なら…俺が教えてやるよ」と突如シャツを脱ぎだす咲也。怖い怖い怖い

 

愛音も押し倒されて「ドキン」なんてしてる場合じゃないでしょ、強姦よこれー

 

強姦は未遂に終わるんだけど、愛音もまんざらじゃない感じだしルシファーの作詞家になると宣言したし、遂に物語が始まったって感じになりました。

 

≫快感フレーズ を『まんが王国』で無料試し読み

 

 

 

 

俺の女になにか? 宣言の咲也氏

正式にルシファーの作詞家となった愛音は、ルシファーの撮影に同行します。

だけど一般のファンと勘違いされ、つまみ出されそうになったところに咲也登場!

 

俺の女になにか?」とスタッフをけん制。

ざわつくスタッフとファンたち。

っていうか、ヤッてもないしキスさえしてないのに「俺の女」とは!ちょいと図々しいんじゃないの咲也さん!

 

所変わって場面はライブ会場。

客席からルシファーのライブを見ようとしている愛音に謎のチラシが横の席の方か周ってきます。
一昔前の授業中の女子中学生みたいだな(笑)

 

その紙には愛音の名前や住所・電話番号などが書かれ、ファンの裏切り者だから追放しようとの文字が。
追跡班の仕事早いっすね!

 

ショックを受けた愛音はその場を離れるが、咲也が心配してくれたとのことから「強くなれる」と自分に言い聞かせました。

 

翌日から愛音は学校で嫌がらせに遭うようになったけど、そこにまさかの制服を着た咲也が登場。

しかも車乗り入れで(笑)

 

どうやら彼は愛音の学校に転校してきたらしい。やりたい放題w

 

 

 

渋谷にルシファーが堕りてくる

咲也が作曲したものに愛音は歌詞を作り、それが新曲として発表されることに。

「渋谷にルシファーが堕りてくる」というイベントで発表されることになった新曲を愛音も現地に赴き聞きました。

「詩が良かった」って興奮するファンを見て愛音感動。

 

良い詩が書けたご褒美だと咲也は愛音にキスをするんだけど、ここでまた問題が!

咲也足長っ!何頭身あるのこれw

 

 

 

 

ディレクター 甲斐孝子 の登場

ルシファーのディレクター『甲斐孝子』と名乗る女性が登場。

 

孝子さん、「新曲のプロモはルシファーに抱かれたくなるようなプロモを…AVスレスレのをね!」とドヤ顔で提案。

 

AVスレスレのプロモーションビデオとか、ディレクターまで頭おかしい(笑)

モデルとルシファーメンバーが絡み合うPVと聞いて愛音ショック!

 

PV撮影当日、ルシファーのメンバーはモデルとの絡みとそつなくこなし、次は咲也の番。

しかし咲也は
欲情できねぇ女と こんなプロモ撮っても意味ねェーだろ
と持論を発動(笑)

 

いや、咲也さん…欲情云々じゃなくあんたそれ仕事でしょうがw プロ失格ですよ。

 

で、咲也は代わりのモデルとして愛音を指名。
まぁ、そんなとこだろうと思ったけど。

 

突然愛音の服を脱がしだし、「この間の続きだ」と言って絡みだす二人。

またも暴走した咲也。

1巻でこれなら先が思いやられるね。
誰かあいつに教育的指導を施してくれ…

 

≫快感フレーズ を 『まんが王国』で無料試し読み

 

 

 

1巻のまとめと感想

快感フレーズ1巻終わりました。

いや、1巻から 交通事故未遂・(たぶん)強制わいせつ窃盗拉致監禁などなど、少女漫画とは到底信じがたいような犯罪のオンパレードの始まりで突っ込み疲れちゃう内容でした。

 

咲也氏、これからも我々を楽しませてくれそうですね。

今のところ、咲也も愛音もお互い惹かれあっている感じではありますが、たぶん付き合うのは時間の問題かと思うんだけど、快感フレーズは17巻で完結なのでこの後どんな展開になるか楽しみです。

 

 

1巻の無料試し読みはこちら

1巻の無料試し読みはこちら

-快感フレーズ

© 2021 マンガ感想文 -ネタバレ注意-